ABOUT

ビッグデータを利用して、エネルギー&ヘルスケアの分野の行動変容をお手伝い。
日本を代表する行動経済学者の依田高典京大教授がスマートライフ・エコノミクス・ユニットを率いる。

ビッグデータ経営を用いて、社員・お客様の
エネルギー&ヘルスケアの行動変容のお手伝いをします。

  • 依田高典教授が率いる京都大学チームが責任指導
  • 経産省・環境省・消費者庁等の国プロの経験豊富

行動経済学に基づき、
デフォルト・バイアス(分かっていても変えられないココロの壁)を破る
楽しい工夫を考案します。

  • 気づきとなるナッジを与えて認知バイアスを解消
  • インセンティブを与えて頑張った人の努力に報いる

最適なディマンドレスポンスの実装

行動経済学に基づき、
デフォルト・バイアス(分かっていても変えられないココロの壁)を
破る楽しい工夫を考案します。

  • 気づきとなるナッジを与えて認知バイアスを解消
  • インセンティブを与えて頑張った人の努力に報いる

最適なダイナミックプライシングの実装

電気代節約の一部を社会貢献事業へ寄付をすれば
更なるエコ環境改善につながる。

  • 変動型電気料金で平均20%の省エネ節電達成!
  • 節電要請で平均3%の省エネ節電達成!

「ヘルスケア」×「電力データ」による新規ビジネス創出

スマメ・データとヘルスケア・データの融合

  • 近隣との比較情報で平均5%の歩数アップ!
  • 自ら目標体重を設定しレコメンドで体重管理!
「ヘルスケア」×「電力データ」によるビジネス創出。
電力は現状30分単位で使用状況が把握可能。そのため何時に寝て何時に起きているかが把握できる。
睡眠時間から新たなヘルスケアに関するデータが取得可能となり、ユーザーに新たな価値の創出を行うことが可能となる。